多聞山城 観光ガイド

多聞山城 歴史資料館    多聞山城の戦国時代の勢力図    縄張り図
多聞山城のスタンプ    御朱印・御城印
多聞山城の地図    交通アクセス    駐車場    周辺の観光情報

多聞山城 多聞山城_航空写真

別名:多聞城

城郭構造:平山城

築城主:松永久秀

築城年:1560年(永禄3年)

城主:松永久秀、松永久通、塙直政

1560年(永禄3年)松永久秀が眉間寺山と呼ばれていた標高115メートルの山に築城しました。
城に多聞天を祀っていたことから多聞山城と呼ばれ、現在でも城跡の山は多聞山と呼ばれています。 天守に相当する四階櫓、多聞櫓と呼ばれる長屋状の櫓が建造されました。これが多聞櫓のルーツであるそうです。豪華な城郭で庭園や茶室もあり、内装には狩野派絵師の絵画が使用されました。
松永久秀は多聞山城と信貴山城を拠点として筒井順慶と大和国支配を争いました。
1571年(元亀2年)辰市城の合戦で松永久秀は筒井順慶に敗れ、大和での松永氏の勢力は弱体化します。
松永久秀は織田信長の上洛時に信長に従属しますが、信長と足利義昭の対立が深まり信長包囲網が確立されると、三好三人衆と手を組んで信長と戦います。1573年(天正元年)12月、織田軍に多聞山城を包囲され、多聞山城を織田信長に差し出して降伏しました。
1575年(天正3年)信長の家臣の塙直政(ばんなおまさ)が大和守護として入ります。塙直政は1576年(天正4年)石山本願寺攻めに参加して戦死します。1577年(天正5年)多聞山城は破壊され、建物や内装は京都の旧・二条城に移築され、石材は筒井城、郡山城に使用されました。
現在、多聞山城の本丸跡には若草中学校があり、城の遺構として校舎とグラウンドの間の堀切と土塁がわずかに残っているそうです。
近くにある若草公民館には多聞城を紹介するコーナーとパンフレットが置いてあります。
多聞山城_堀跡 多聞山城_堀跡2

柿の葉寿司

柿の葉寿司 柿の葉寿司2
奈良の郷土料理。柿の葉には抗酸化作用や殺菌作用があり、柿の葉の香りで風味も良くなります。柿の葉寿司は江戸時代に生まれたそうで、当時は、鮒寿司(ふなずし)と同じ馴れ寿司でした。
柿の葉すし本舗たなか なら本店
柿の葉寿司のゐざさ中谷本舗 東大寺門前 夢風ひろば店
柿の葉ずし総本家 平宗 奈良店

東大寺 二月堂修二会 (お水取り)

東大寺_二月堂_お水取り 東大寺_二月堂_お水取り2
開催期間:3月上旬〜中旬
開催場所:東大寺 二月堂
大仏開眼と同じ年の752年から続いており、お松明、お水取りの行事が有名です。お松明の燃えカスは古来、無病息災、厄災消除のご利益があるとされます。 お水取りは深夜に行われ、汲まれた水は"お香水"として授与所で販売されます。
東大寺 二月堂 地図

なら燈花会

なら燈花会 なら燈花会2
開催期間:8月上旬
開催場所:奈良公園一帯
1999年から毎年8月上旬に奈良公園一帯で開催されている、ボランティアによりろうそくの灯を点火するイベントです。
燈花とは灯心の先に形成される花の形をしたろうの塊のことで、仏教ではこれを縁起の良いものとすることに由来して燈花会と命名されました。
約100万人の観光客が訪れます。
奈良公園 地図

中元万燈籠 (春日大社)

春日大社_万燈籠 春日大社_万燈籠2
開催期間:8月中旬
開催場所:春日大社
春日大社の境内にある約三千基の燈籠(とうろう)に火をともすお盆の伝統行事です。
春日大社 地図

春日若宮おん祭

開催期間:12月中旬
開催場所:奈良県庁前、近鉄奈良駅、JR奈良駅、三条通、お旅所
春日大社の境内にある摂社若宮神社の例祭です。平安末期の1136年(保延2年)関白の藤原忠通が五穀豊穣を願い大和一国を挙げて執り行って以来、今年で885回目を迎えます。
春日大社 地図

多聞山城 地図



多聞山城 スタンプ

スタンプは、確認できませんでした。

多聞山城 御朱印・御城印

多聞山城の御城印は、確認できませんでした。

多聞山城 交通アクセス

[鉄道]
大阪 - JR環状線(16分)- 鶴橋
鶴橋 - 近鉄奈良線快速急行(32分) - 近鉄奈良
京都 - 近鉄京都線急行(42分)- 大和西大寺
大和西大寺 - 近鉄奈良線快速急行(6分) - 近鉄奈良

千早城 駐車場

転害門前観光駐車場

多聞山城 周辺の観光情報・名物

東大寺
興福寺
春日大社

近畿の城↑

トップページ       当サイトについて