大和郡山城 100名城 観光ガイド

大和郡山城 歴史資料館    大和郡山城の戦国時代の勢力図    縄張り図
大和郡山城のスタンプ    御朱印・御城印
大和郡山城の地図    交通アクセス    駐車場    周辺の観光情報

大和郡山城 大和郡山城2

続100名城:165番

別名:雁陣之城

城郭構造:輪郭式平山城

築城主:郡山衆、筒井順慶

築城年:1162年(応保2年)、1580年(天正8年)

城主:越智氏、筒井氏、本多氏、小出氏、植村氏

郡山城は郡山衆とよばれる土豪たちが1162年(応保2年)に雁陣之城を築いたことが始まりです。
1559年(永禄2年)三好長慶の家宰であった松永久秀が大和国に攻め入り、翌年に信貴山城を築城して大和国の統一を進めると、郡山城は筒井順慶と松永久秀の間で幾度となく戦いの場となりました。
1571年(元亀2年)辰市城の合戦で筒井氏が松永氏に勝利し、大和での松永氏の勢力は弱体化します。
1580年(天正8年)8月に織田信長の破城令により筒井氏は筒井城を破棄して郡山城を居城としました。
1585年(天正13年)豊臣秀吉は大和国を豊臣秀長の領地とし、秀長は郡山城に入城し筒井氏は伊賀上野へ転封となります。秀長は郡山城を大規模に改修しました。当時大和は石材に乏しかったために、天守台の石垣には墓石や石仏、地蔵まで用いられました。
明治維新後、多くの建物は破却されましたが、近年、追手門・櫓・天守台などが修復・整備されています。
郡山城跡一帯は約800本の桜がお堀を囲むように植えられ「日本さくら名所100選」に選ばれています。

大和郡山お城まつり

開催期間:3月下旬、4月上旬
開催場所:郡山城跡一帯
昭和36年(1961年)時の観光協会会長が、城址の天守台始めそのまわりの石垣の中に多数の石仏、墓石が積込まれているのを知り、これらの石仏並びに城史有縁の諸霊を慰めることが、大和郡山市の発展につながると考え、「数珠くり法要」始めまたことが祭りの由来です。
時代行列、白狐お渡り、夜桜のライトアップ、地元の特産品の展示即売会、屋台もたくさん出展されます。
郡山城跡 地図

やまとの夏まつり

開催期間:8月上旬
開催場所:郡山北小学校グランド
多くの模擬店、やちびっ子広場、盆踊り大会、フィナーレに郡山城跡上空に約500発の花火が打ち上げられます。
郡山北小学校グランド 地図

大和郡山城 地図



大和郡山城 続100名城スタンプ

スタンプは、柳沢文庫に設置されています。
柳沢文庫:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
毎週月曜日・第4火曜日は休館

大和郡山城 御朱印・御城印

大和郡山城の御城印は、柳沢文庫にて販売しています。

大和郡山城 交通アクセス

[鉄道]
大阪 - JR環状線(16分)- 鶴橋
鶴橋 - 近鉄奈良線快速急行(26分) - 大和西大寺
京都 - 近鉄京都線急行(42分)- 大和西大寺
大和西大寺 - 近鉄橿原線(8分) - 近鉄郡山

大和郡山城 駐車場

郡山城 駐車場

郡山城 周辺の観光情報・名物

唐招提寺
薬師寺
金剛山寺(矢田寺)

近畿の城↑

トップページ       当サイトについて