大阪城 100名城 観光ガイド

大阪城 歴史資料館    大阪城の戦国時代の勢力図    縄張り図
川越城のスタンプ    御朱印・御城印
大阪城の地図    交通アクセス    駐車場    周辺の観光情報

大阪城 大阪城_天守閣

100名城:54番

別名:錦城、金城

城郭構造:輪郭式平城または平山城

築城主:豊臣秀吉

築城年: 1583年(天正11年)

城主:豊臣氏、奥平氏、徳川氏

1583年(天正11年)から1598年(慶長3年)にかけて豊臣秀吉が石山本願寺跡に築城しました。
大阪城の場所には石山本願寺がありましたが、1580年(天正8年)の石山合戦で焼失しました。織田信長は大坂の立地を評価し大きな城を築くつもりであったそうです。
大坂は、清洲会議で池田恒興に与えられる予定でしたが、池田恒興は美濃へ国替えとなり、豊臣秀吉の領地になります。秀吉は大坂城が築き、豊臣氏の居城および豊臣政権の本拠地としました。
秀吉の死後、徳川幕府と豊臣氏の間で二度の大坂の陣がおこり、大阪城は1615年(慶長20年)大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに焼失しました。
徳川幕府は大阪城を大規模に改修して再建し、西日本支配の拠点としました。
大阪城は名古屋城、熊本城とともに日本三名城に数えられています。
現在、大坂城天守閣は博物館となっています。
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
大阪城_本丸東_三層櫓 大阪城_本丸東_三層櫓_古写真
大阪城の本丸の東側には三層櫓がありました。
大阪城_大手門 大阪城_多聞櫓
左の写真がが大手門、右の写真が多聞櫓です。多聞櫓は鉄板張りの大門(おおもん)を備える渡櫓(わたりやぐら)と続櫓(つづきやぐら)から構成されています。
大阪城_千貫櫓 大阪城_六番櫓
左の写真は千貫櫓で、大手門を防御するための二層の隅櫓(すみやぐら)。石山本願寺を攻めた織田信長軍がこの付近にあった櫓を攻めあぐね、千貫文を出しても奪いたいといわれたことに由来するそうです。
右の写真は六番櫓です。
大阪城_刻印石 大阪城_刻印石2
大阪城の北側の山里丸には大名(藩)や石の産地を刻んだ刻印石が置いてあります。
大阪城_案内 大阪城_全景
大阪城の西側にある大阪歴史博物から撮影した写真です。

大阪歴史博物館

大阪歴史博物館 大阪歴史博物館2
大阪城の南西に大阪城歴史博物館があります。
NHK大阪放送局の新放送会館との複合施設として、大阪市と日本放送協会との共同で建設されました。
ミュージアムショップ・レストランもあります。
大阪城天守閣・大阪歴史博物館(常設展)セット券がお得です。
大阪歴史博物館 地図

新世界

新世界 新世界2
新世界の始まりは1903年(明治36年)天王寺および現在の新世界で催された第5回内国勧業博覧会に遡るそうです。
通天閣、ビリケンさん、ジャンジャン横丁、スマートボール、串カツ、どて焼き、王将 坂田三吉などで有名です。
今宮戎、四天王寺、天王寺動物園、あべのハルカスもすぐ近くにあります。 新世界 地図
新世界3 新世界4

愛染まつり

開催期間:6月末、7月初め
開催場所:愛染堂勝鬘院
四天王寺の別院・愛染堂勝鬘院、通称「愛染さん」で催される祭りです。
聖徳太子の「苦しみ、悲しみを抱く人々を救済したい」という意思を受け継ぎ、1400年の間続いている無病息災を祈る祭事だそうです。
浴衣での参加者が多いため浴衣まつりとも呼ばれています。
愛染堂勝鬘院 地図

天神祭

開催期間:7月下旬
開催場所:大阪天満宮
花火開催場所:桜ノ宮公園付近
大阪の天神祭は東京の神田祭、京都の祇園祭とともに日本三大祭りとされ、毎年130万人が訪れる夏の都市大祭です。
陸渡御、船渡御、奉納花火、天神祭ギャルみこしなど、おおくの催しがあります。
大阪天満宮 地図

住吉祭

開催期間:7月末、8月初め
開催場所:住吉大社
住吉大社の夏祭り(夏越祓神事、例大祭、神輿渡御祭)。
夏越祓神事では、綺麗に着飾った夏越女や稚児が茅の輪をくぐり厄除けを祈願する儀式が行われます。
大阪中をお祓いする「お清め」の意義があるそうです。
住吉大社 地図

大阪城 地図



大阪城 100名城スタンプ

スタンプは、大阪城天守内1Fのインフォメーションに設置されています。

大阪城 御朱印・御城印

大阪城の御城印は大阪城天守閣1階ミュージアムショップで期間限定で販売されているようです。

大阪城 交通アクセス

[鉄道]
大阪 - JR環状線(9分)- 大阪城公園

大阪城 駐車場

D-parking 森ノ宮駐車場
D-parking 大阪城公園駅前駐車場

大阪城 周辺の観光情報・名物

四天王寺
大坂天満宮
住吉大社
なんばグランド花月
通天閣
梅田スカイビル・空中庭園展望台
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)
海遊館

近畿の城↑

トップページ       当サイトについて