岡崎城 100名城 観光ガイド

岡崎城 歴史資料館    戦国時代の勢力図    縄張り図
岡崎城のスタンプ    御朱印・御城印
岡崎城の地図    交通アクセス    駐車場    周辺の観光情報

岡崎城 岡崎城2

100名城:45番

別名:龍城

城郭構造:梯郭式平山城

築城主:西郷稠頼・頼嗣

築城年:1452年(享徳元年)

城主:西郷氏、松平氏、田中氏、本多氏、水野氏

1452年(享徳元年)三河国仁木氏の守護代であった西郷稠頼が築城しました。
15世紀後半に松平氏が西郷氏を破り、1531年(享禄4年)松平清康(徳川家康の祖父)が城主となり、城郭を整備しました。
1542年(天文11年)岡崎城内で竹千代(徳川家康)が生まれます。1547年(天文16年)竹千代は数え歳で6歳のとき今川氏へ人質として送られました。
1560年(永禄3年)桶狭間の戦いで今川義元が敗死すると、松平元康(徳川家康)は岡崎城を取り戻して今川家から独立し、翌年、織田信長と清州同盟を結びます。
1590年(天正18年)豊臣秀吉の命により家康が関東に移封となると、豊臣の家臣の田中吉政が岡崎城に入ります。吉政は岡崎城を近世城郭に整備し、岡崎の郊外を通っていた東海道を岡崎城下町の中心を通るように変更し、城の防御のため東海道を幾重にも折れ曲がるよう整備ました(岡崎城下二十七曲り)。
現在、岡崎城の敷地は岡崎公園として整備され、龍城神社、三河武士のやかた家康館、二の丸能楽堂、茶室(葵松庵・城南亭)、からくり時計などがあります。天守は1959年(昭和34年)に復興されました。
岡崎城_大手門 岡崎城_二の丸_能楽堂
左は岡崎城の大手門、右は二の丸跡にある能楽堂です。
岡崎城_家康_竹千代 岡崎城_家康の産湯の井戸
家康の産湯として使われたといわれている井戸があります。
岡崎城_からくり時計 岡崎城_からくり時計2
三河武士のやかた家康館前の広場に、からくり時計があります。
AM9:00〜PM6:00の毎時0分と30分に、からくり人形が能を舞い徳川家康公の遺訓を語ります。

八丁味噌の郷(カクキュー)

八丁味噌の郷 八丁味噌の郷2
岡崎城より西へ八丁はなれた八町村で作られたことが八丁味噌の由来であるそうです。
カクキューの史料館と本社事務所は国の有形登録文化財として登録されています。
工場見学は無料です。併設されている食事処の味噌煮込みうどん、味噌ソフトクリームが好評です。
八丁味噌の郷 地図

岡崎城下家康公夏まつり

開催期間:7月下旬、8月上旬
開催場所:岡崎公園他、岡崎市内各所
岡崎公園、籠田好転、伝馬・康生通の各地で、岡崎泰平おどり、五万石みこし、味噌六太鼓台などのイベントが開催されます。お祭りの期間中の花火大会もあります。
ビアガーデン、フードコートも多数出展されます。オカザえもんも登場します。 岡崎公園 地図

岡崎城下家康公秋まつり

開催期間:10月下旬、11月上旬
開催場所:岡崎公園他、岡崎市内各所
わくわく抽選会、おかざき商店街すごろく、ステージイベントなどが開催されます。
岡崎の名産品や名物料理のフードコートが多数出展されます。もちろんオカザえもんも登場します。
岡崎公園 地図

家康公生誕祭

開催期間:12月下旬
開催場所:岡崎公園内 家康館前 龍城神社 天守前
徳川家康公が生まれた12月26日を祝し、家康公生誕祭を開催します。
提灯行列(武者行列)に参加すると記念品の蟇目の矢がいただけるようです(行列の参加前に受付にて記念品引換券を入手してください)。
龍城神社 地図

岡崎城 地図



岡崎城 100名城 スタンプ

スタンプは、天守入り口の料金所に設置されています。

岡崎城 御朱印・御城印

岡崎城の天守入り口の料金所で販売されています。

岡崎城 交通アクセス

[鉄道]
名鉄名古屋 - 名鉄名古屋本線(33分) - 岡崎公園前

岡崎城 駐車場

岡崎公園 駐車場

岡崎城 周辺の観光情報・名物

菅生神社
大樹寺
伊賀八幡宮

東海・北陸の城↑

トップページ       当サイトについて