高取城 100名城 観光ガイド

高取城 歴史資料館    高取城の戦国時代の勢力図    縄張り図
高取城のスタンプ    御朱印・御城印
高取城の地図    交通アクセス    周辺の観光情報

高取城 高取城2

100名城:61番

別名:芙蓉城、鷹取城、高取山城

城郭構造:連郭式山城

築城主:越智邦澄

築城年:1332年(元弘2年)

城主:越智氏、筒井氏、本多氏、小出氏、植村氏

南北朝時代、南朝方であった越智邦澄が1332年(元弘2年)に築城したと伝えられています。
越智氏は平時の居城として越智城を、詰城として貝吹山城を使い、高取城は支城として築かれました。
1580年(天正8年)織田信長によって大和国の城は郡山城のみとされたため、高取城は一時廃城となりました。
1583年(天正11年)筒井順慶の配下となっていた越智頼秀が亡くなり越智氏は滅亡しました。
1585年(天正13年)豊臣秀吉は大和国を豊臣秀長の領地とし、秀長は郡山城に入城し筒井氏は伊賀上野へ転封となります。高取城は家臣の本多利久に与えられ、利久は本丸に多聞櫓で連結された3重の大小天守、二の丸に大名屋敷を造営しました。
高取城は岩村城、備中松山城とともに三大山城と呼ばれています。

壷阪寺(南法華寺)

壷阪寺 壷阪寺2
ご本尊の十一面千手観音様は目の病気に霊験あらたかな観音様として古来より信仰されています。
壷阪寺は703年(大宝3年)元興寺の弁基上人により開かれたそうです。
平安時代、京都の清水寺が北法華寺と呼ばれるのに対し南法華寺と呼ばれ、長谷寺とともに古くから観音霊場として栄えました。
清少納言が枕草子に「寺は壺坂、笠置、法輪」と一番に挙げたほどの名刹でした。
戦国時代、戦乱に巻き込まれ、庇護していた越智氏の滅亡と共に衰退します。
本多利久が高取城の城主となって以降、歴代城主(高取藩主)の庇護を受け栄えました。
壷阪寺 地図

たかとり城まつり

開催期間:11月下旬
開催場所:壷阪寺駅周辺、城まつりメイン会場
武将の姿で街道を練り歩く時代行列から火縄銃や殺陣の実演まで、さまざまな演目が行われます。
模擬店・フリーマーケット・骨董品市も開催されます。
壷阪寺駅 地図

高取城 地図



高取城 100名城スタンプ

スタンプは、高取町観光案内所「夢創舘」に設置されています。

高取城 御朱印・御城印

高取城の御城印は、壺阪寺と高取町観光案内所「夢創舘」が販売しています。

高取城 交通アクセス

[鉄道]
大阪 - JR環状線(25分)- 天王寺
大阪阿部野橋 - 近鉄南大阪線(47分) - 壺阪山

高取城 周辺の観光情報・名物

世界遺産 吉野大峰
洞川温泉
みたらい渓谷
大峰山

近畿の城↑

トップページ       当サイトについて